アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡) NPO法人アコアのブログ。心理カウンセリング・イメージワーク・インナーチャイルドワーク / 自助MTG / カタルシス瞑想会 / 心理コミュニケーション講座 / WS・イベント     AC、摂食障害、DV・虐待、グリーフケア

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-985-5599 (080-5171-3501)

「チベットの生きる魔法」シリーズ② アコアOnlineBookSalon

※『アコアOnlineBookSalon』は「コロナウィルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」に寄せられた市民の方のご寄付によるご支援を頂き2021年12月末まで行う事業です。

 

 

 

 

チベットの生きる魔法」シリーズ②

 

著者 ペマ・チョドロン

訳  えのめ有実子


 f:id:npoacoa:20210616125639j:plain

 


チベットの生きる魔法」


担当:くまたん



こんにちは、くまたんです。


雨模様の多いこの時期、外出するのも

億劫になりがちですが、こんな時だからこそ

見る事ができる世界もあります。


雨に濡れた紫陽花や他の花々、濡れた地面

傘をさした先に見える普段と違う空気も

時に色んな気づきや感情を与えてくれます。


子どもの頃に傘を片手に雨の中も楽しんだあの時の

時間を少し覗いてみませんか。


今回もペマ・チョドロンさんの

チベットの生きる魔法」をシリーズにて

ご紹介させて頂きます。


よろしくお願いします。


チベットの生きる魔法」〜シリーズ②



第1章 すばらしいボーディチッタ p13より


「お嬢ちゃん、物事は悪くとってはいけないよ」


これは6歳の時のチョドロンさんが、

誰も私を愛してくれないと腹を立てて、

なんでも目につくものは蹴飛ばして歩いていたのを

見て、笑顔で声をかけてきた老婦人の言葉です。


なんてシンプルで素敵な言葉でしょう!



小さな頃に近所にこんな素敵な老婦人がいてくれたら、私も何十年と悩む事もなかったかもしれません。


チョドロンさんは老婦人の一言から

学び考えたそうです。


「何事も悪く受け止めれば、ますます苛立ち、

不安がつのります。一方、柔軟に受け止めれば。

もっと心優しくなれ、恐れに対しても心を開いていられます。」


「私たちは、いつもどちらかを選ぶことができるのです。」


と、書かれています。


そうなんです!受け止め方は自分自身で

選ぶ事ができるんですよね!


なぜ、子どもの頃の私はいつもイライラしていたんだろうか?

と考えてみました。



それは、自分に起きた多くの出来事を「悪く受け止めていた」からだったんです。



なぜ、苛立ちや不安ばかりの日々だったのか

答えがわかったぞー!


と、今も悩んだままのインナーチャイルド

声をかけにいってきます!





第1章 すばらしいボーディチッタ p21より


「私は成長して、人生を充実して生きたいのか、

それとも恐れを抱いたまま生き、

恐れながら人生を終えたいのか」


この問いかけを自分にしてみよう!と問われた時、「成長して、人生を充実させて生きていきたい」と

答える方は多いと思います。


どんな自分になりたいのか?

それを選ぶのは常に自分自身という

ことなんですよね。


時に、自分の感情や気持ちを言語化できない時も

あるかもしれません。


何か困難な事が起きた時は、まずは優しく

自分にどうしたいのかな?って

問いかけてみてほしいと思います。


〇〇さんが言っていたからとか

みんながそうしているから、

ではなくて


自分はどうなりたいのか?

どうしたいのか?


自分だけの大切なものを持っていたいなと思いました。



------------------------------------------------------------


◯くまたんのぶれいくたいむ


人は古来からわからないもの、未知のものに対して

恐れや不安を感じる生き物です。


日本では、わからない自然現象を妖怪のせいにして、

名前をつけ、対処法を考え、恐れを言語化することで

不安を安心へと変えてきたという説があります。


名前もわからない生き物って単純に怖いですよね。


今、私たちは昔の人達が発見し、名付けてきたものを

情報として知っているからこそ、

安心であったり危険だという事を事前に

知る事ができます。


もし、名前も生態もわからない生き物が

目の前に現れたら?想像するだけで

固まってしまいますよね。


現代に生きる私たちは、わからない事を

ネットなどで調べ、すぐに探す事ができます。


なのに、なぜ、昔よりも不安や混乱を

生じ易くなってしまっているのでしょうか。


昔はネットはなく、情報を得られる方法も

限られていたので、本や新聞を読む、

テレビやラジオ、直接人から人へという

手段だけでした。


今は、ネットやスマホなどで、どこでも誰とでも

繋がれたり、自分で数多くの情報を選択しなければ

ならなくなっています。


その情報量は昔と比になりません。


昔から間違った情報に踊らされてしまう事はありましたが、

今はもっと巧妙になってきています。


心が落ち込んだ時、無意識に自分を不安にしたり、

問題を大ごとにしがちな情報を検索していませんか?


時に、頭や心をリセットするために

情報の溢れるSNSやネットから

離れてみるという選択も持っていたいですね。


〜ぶれいくたいむ 終了〜


------------------------------------------------------------


これらも最初にご紹介したチョドロンさんの言葉に

帰結していくと思うのです。


繰り返しになりますが、


「何事も悪く受け止めれば、ますます苛立ち、

不安がつのります。


一方、柔軟に受け止めれば。もっと心優しくなれ、

恐れに対しても心を開いていられます。」


「私たちは、いつもどちらかを選ぶことができるのです。」

とチョドロンさんは言っています。



自分の中の悩みや不安をより大きくする選択も

できるし、その悩みによる怒りや悲しみ、

不安を受け止め、その感情を味わい切ることも

私たちはいつでも「自分自身」で選ぶことができるということです。


誰かではなく、自分で未来の自分を選んでいける。


私はこの事を知りませんでした。


選ぶのではなく、他人に選ばされていると

思っていました。



「自分」で「自分の未来」を変える選択肢を

「自分自身」で「選べる」ということを、

心のメモにはさんでおき、いつでもそのメモを

思いだし、見返せるように、お守りのように

持っていたら、安心につながるかもしれません。



今回は、チベットの生きる魔法の第一章について

書かせて頂きました。



もし、今回の記事に対して何か感じる事がありましたら、

ぜひ、皆さんの声もお聞かせ頂けたら幸いです。


次回のシリーズ③も引き続き、

チベットの生きる魔法」をご紹介していきたいと思います!


最後までお読み頂きありがとうございました。


担当:くまたん

♡┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈♡


シリーズ①  「チベットの生きる魔法」

"師からの助言"


https://npoacoa.hatenablog.com/entry/2021/06/20/120000


シリーズ③「チベットの生きる魔法」

"無情について"

https://npoacoa.hatenablog.com/entry/2021/06/27/120000


✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

〇エンパワーチャンネル→https://youtube.com/channel/UCifhmLrFFzWMz5Eq8mr-hTA

チャンネル登録よろしくお願いします✨

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa