アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡市) NPO法人アコアのブログ                        自助グループMTG /カタルシス瞑想会 / ARTプロジェクト/Dance WorkShop / 女性のための福祉サービス自立訓練(生活訓練)事業所「アミーガ」(藤崎)

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-210-3355 (080-5171-3501)

女性のための福祉サービス自立訓練(生活訓練)事業所「アミーガ」(藤崎) https://npoacoa.wixsite.com/amiga

今日一日のアファメーション 2月27日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

 

227

 

自分で自分を破滅させない

 

 

 

自分は生きるのに、あたいする人間です。

自分は、自分のままでいいのです。

自分は愛するに、あたいする人間です。

自分は、自分の居所をつくっていいのです。

自分を、うんと好きになります。

 

 

 

何か悲しいこと、悪いことが自分のまわりに起こったときや、他人が傷つけるようなことを自分にしたり言ったりしたとき、どうしたらよいか考えてみましょう。

 

そのようなとき、いちばん大切なのは、自分の根本にある自己が破滅してしまわないことです。

 

どんなに悪いことが起こっても、ひどいことをされても、自分の参加なくしては、相手は自分を破滅させることはできません。

 

 

どのように思い、行動するかの選択は、自分にあります。

 

 

たとえばガンになって、もう何日も生きていられない状態になったとき、環境や自分の運命を恨み、ののしり、看病にあたっている人につらく当たるのか、

 

それとも、自分の限界の中で何か世の中に役立つことをし、まわりの人に死に直面する勇気を与え、感謝を表現して去って行くのか、その選択をするのは自分です。

 

 

 

f:id:npoacoa:20210227011046j:plain

今日一日のアファメーション 2月26日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

2月26日


人生を積極的にリードする

______________________

自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。
自分を、うんと好きになります。

______________________


自分の人生を自分で積極的にリードし、

ものごとを自分から進んではじめましょう。

 

いつも他人のリードに従って行動する人は、

刺激もなくて、人生が面白くありません。

 

とくに夫婦関係、友人関係など、

相手まかせでは、相手はあきあきしてしまいますし、相手の負担にもなります。


何かやりたいことを自分から提案したり、

興味あること、読んだ本のこと、新しく学んだことなど、

人間関係にプラスになるようなことをはじめてみましょう。

 

f:id:npoacoa:20210222222920j:plain

 

今日一日のアファメーション 2月25日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

2月25日


過去の心の傷を捨てる

_____________________

自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。
自分を、うんと好きになります。

_____________________

 

過去の心の傷を捨て去りましょう

機能不全な家族に育った過程で受けた心の傷は、

長く受け続ければ受け続けるほど深くなります。

 

育った家を離れてからも、心の傷を受ける機会は、何度もあったことでしょう。

友人に裏切られた、恋人にふられた、そのほか人間関係の傷はいろいろあります。

しかし過去の傷にしがみついていると、その重みで先へと進むことができません。

 

受けた傷の痛みを感じ、その傷の原因になるようなことを自分がしたかどうかを調べ、した場合は責任をとり、していなかったら捨て去りましょう。

傷を書いた紙を土に埋めたり、火で焼いたり、

水に流したりするリチュアル(儀式)も効果があります。

 

 

       

 

f:id:npoacoa:20210222222227j:plain

今日一日のアファメーション 2月24日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

 

2月24日

 

自分の問題、他人の問題

_______________________


自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。

自分を、うんと好きになります。

_______________________

 

プロジェクション(投影)について学びましょう。

私たちはよく、他人に対してイヤな人だと強い感情を持ったり、気にしたりすることがあります。

 

そんなとき、まず、その人が本当にイヤなことをしているからイヤな感じがするのか、それとも、自分についてイヤだと思っていることを、そのイヤな自分に似た他人に投影しているのかを調べてみましょう。

 

自分の問題は、自分に属するものとして責任をとり、無意識のうちに他人にプロジェクトして、その人を責めたり嫌いになったりしないようにしましょう。

たとえば、自分のことは放っておいて、他人のことばかり手をやいている人を見て強い怒りを覚えた場合、自分も同じようなことを他人にしているのではないかと振り返ってみましょう。

他人を憎む前に、自分の問題に焦点を当てて解決するようにすれば、他人の動作はそれほど気にならなくなります。

 

 

f:id:npoacoa:20210222205543j:plain

今日一日のアファメーション 2月23日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

 

2月23日


依存心から独立心へ、そして相互依存へ

_____________________

自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。
自分を、うんと好きになります。

_____________________

 

依存心から独立心へ、そして相互依存へと進むことを学びましょう。

 

依存心の強い人は、他人に自分を幸福にしてもらいたいと思います。

他人に精神的、感情的、身体的、金銭的に頼り、

他人が自分の欲することをしてくれないと、その人を責めます。

そして自己評価は、他人が自分をどう思うかで上がったり下がったりします。

 

次の発達段階として、独立心に進みます。

独立心がある人は何でも自分でやろうとします。

自分の幸福を、他人に頼りません。

自己評価も他人によらず、自分の思考、感情など、自分の内なる声で評価します。

 

しかし、これがあまりにも強いと独りよがりになり、弱い者に対する慈愛に欠けることになります。 また自分が弱い立場に置かれたとき、自分に対しても厳しく、批判的になりがちです。

気をつけないと、他人が自分をコントロールしようとしているのではないかなどと、

他人を疑いの目で見たり、他人を受け入れない態度などが出てくることがあります。

 

独立心を得たあと、次の段階として、相互依存を得るよう努力しましょう。

相互依存心は相手のことを思いやり、しかも自分の考え、感情を失わない成熟した人間関係をはぐくみます。

今日一日のアファメーション 2月22日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

 

2月22日

相互依存は健全な人間関係から

 

 _______________________

自分は生きるのに、あたいする人間です。

自分は、自分のままでいいのです。

自分は愛するに、あたいする人間です。

自分は、自分の居所をつくっていいのです。

自分を、うんと好きになります。

 _______________________

 

依存、共依存、相互依存について学びましょう。

依存は、弱いものが強いものに頼ることです。子どもは大人に依存せざるをえません。大人になってもこれが抜けきれない場合があります。依存心が強いと、一人ではものごとができず、いつも他人におんぶして暮らそうとします。当然、独立心は育たず、誰かがいないと不安におののいて過ごすことになります。

依存症とは、人間関係、アルコール・薬物、そのほかの物または行動パターンに依存し、それが習慣となり、のめりこんで、やめられなくなった状態のことを言います。このような人は自分の責任をとりません。

 

共依存の人は、依存症の人の周囲によくいる人たちで、依存症の人の世話をし、代わりに責任をとってしまい、その人をコントロールしようとします。その結果、依存症の人をますます無責任にして、むしろ依存症をうながしてしまい、自分自身の生活もみじめなものにしてしまいます。

 

相互依存は、健全な人間関係にみられるもので、通常は独立心に満ちています。

しかし、あるときは自分が相手に依存し、またあるときは相手が自分に頼るというような柔軟性に富み、お互いに助け合っていきます。

自分の行動を調べ、相互依存ができるように努力をしましょう。

 

今日一日のアファメーション 2月21日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

2月21日

 

習慣を変える

________________________ 

 

自分は生きるのに、あたいする人間です。

自分は、自分のままでいいのです。

自分は愛するに、あたいする人間です。

自分は、自分の居所をつくっていいのです。

自分を、うんと好きになります。

 ________________________

 

 

習慣をどのようにして変えていったらよいか学びましょう。

どのようなものでも、機能不全な習慣を変えるには、認識、知識、意志、技術、行動の五つ

の要素がいります。

 

第一に、その習慣が問題である、害になっているという認識を持つことが必要です。

第二に、どうしてその習慣が害になっているのか、どういう方向に変えたいか、どういう習

慣が健全なものかという知識が必要になります。

第三に、それを変えたいという動き、意志がいります。

第四に、変えていくための、一歩一歩踏んでいくやり方、技術がいります。

第五に、それを実際に行動に移す必要があります。

 

「意志があれば道あり」ということわざがありますが、意志だけでは、長い間に繰り返して

できあがってきた習慣は、なかなか変わりません。

 

自分の習慣をじっくり見て、不全なものは変えていきましょう。

 

f:id:npoacoa:20210219110513j:plain

 

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa