アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡) NPO法人アコアのブログ。心理カウンセリング・イメージワーク・インナーチャイルドワーク / 自助MTG / カタルシス瞑想会 / 心理コミュニケーション講座 / WS・イベント     AC、摂食障害、DV・虐待、グリーフケア

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-985-5599 (080-5171-3501)

「児童福祉司の実情」ー『ルポ 児童相談所』大久保真紀著/朝日新聞出版より

「ルポ 児童相談所著者:大久保真紀 出版社:朝日新聞出版 より
 
■キーワード「児童福祉司の実情」

児童福祉司は、児童相談所で虐待や非行などの対応にあたる職位として地方自治体が任用する。ワーカーとも呼ばれる。

児童福祉法に基づき、社会福祉士などの資格や一定の実務経験のあることなどが要件になっている。

2017年4月1日現在で、全国に3115人おり、福祉などの専門職として採用されている人が7割強、残る3割弱は一般行政職がついている。

勤務年数は3年未満が4割超で、専門性の不足が指摘されている。人員不足も長年の課題だ。

2016年度に全国の児童相談所が対応した虐待相談件数は12万件を超え、10年間で約3,3倍に増えたが、児童福祉司の配置人数は、約1,4倍の増加にとどまっている。

厚生労働省児童相談所強化プランとして、2015年度を基準にして2019年度末までに児童福祉司を550人増やす目標を立て、2016年10月からは人口4万人に1人以上を配置することを求めている。


・・・・・・・・・・・・・・


https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa