アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡) NPO法人アコアのブログ。心理カウンセリング・イメージワーク・インナーチャイルドワーク / 自助MTG / カタルシス瞑想会 / 心理コミュニケーション講座 / WS・イベント     AC、摂食障害、DV・虐待、グリーフケア

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-985-5599 (080-5171-3501)

今日一日のアファメーション 12月3日

 

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

12月3日

『HATSのときは、大事な決断をしない』

 

自分は生きるのに、あたいする人間です。

自分は自分のままでいいのです。

自分は愛するに、あたいする人間です。

自分は、自分の居所をつくっていいのです。

自分を、うんと好きになります。

 

HATS(Hungry,Angry,Tired,Stressed)ーお腹がすいていること、怒っている、疲れている、ストレスがあるーときには大事なことを決めたり、言ったり、行ったりするのを躊躇しましょう。「HATS=帽子」として覚えましょう。

HATSをかぶっていると、頭が混乱していたり、回転が鈍っていたり、感情がイライラしたりしていてハッキリした決断ができません。

まずムカムカしているのに気がついたら、自分はお腹がすいているのはではないか、頭がかっかとして、怒りでいっぱいではないか、心も体も疲れきっているのではないか、ストレスがあってフラストレーションを感じてはいないか調べてみましょう。

お腹がすいていたら、そのままやっていることを続けないで炭水化物やジュースなどを飲んだり食べてからにしましょう。

怒っていたら、少し心を静めましょう。

疲れていたら、横になって休みをとりましょう。

ストレスがあったら、瞑想や呼吸法を使って、リラックスしましょう。

心と体がスッキリしてから、話し合いをしたり大きな決断をしましょう。

HATSをかぶっているとき起こした口論や下した決定は、あとで後悔するかもしれません。

時間がかかっても、あとでやりなおしがきかない争いや決心をしないよう、ゆっくりHATSを処理してから大事なことを決定しましょう。

いまHATSをかぶっていませんか。

 

f:id:npoacoa:20211106234733j:plain

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa