アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡) NPO法人アコアのブログ。心理カウンセリング・イメージワーク・インナーチャイルドワーク / 自助MTG / カタルシス瞑想会 / 心理コミュニケーション講座 / WS・イベント     AC、摂食障害、DV・虐待、グリーフケア

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-985-5599 (080-5171-3501)

今日一日のアファメーション2月22日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

2月22日

依存、共依存、相互依存

 _______________________

自分は生きるのに、あたいする人間です。

自分は、自分のままでいいのです。

自分は愛するに、あたいする人間です。

自分は、自分の居所をつくっていいのです。

自分を、うんと好きになります。

 _______________________

依存、共依存、相互依存について学びましょう。

依存は、弱いものが強いものに頼ることです。子どもは大人に依存せざるをえません。大人になってもこれが抜けきれない場合があります。依存心が強いと、一人ではものごとができず、いつも他人におんぶして暮らそうとします。当然、独立心は育たず、誰かがいないと不安におののいて過ごすことになります。

依存症とは、人間関係、アルコール・薬物、そのほかの物または行動パターンに依存し、それが習慣となり、のめりこんで、やめられなくなった状態のことを言います。このような人は自分の責任をとりません。

 

共依存の人は、依存症の人の周囲によくいる人たちで、依存症の人の世話をし、代わりに責任をとってしまい、その人をコントロールしようとします。その結果、依存症の人をますます無責任にして、むしろ依存症をうながしてしまい、自分自身の生活もみじめなものにしてしまいます。

 

相互依存は、健全な人間関係にみられるもので、通常は独立心に満ちています。

しかし、あるときは自分が相手に依存し、またあるときは相手が自分に頼るというような柔軟性に富み、お互いに助け合っていきます。

自分の行動を調べ、相互依存ができるように努力をしましょう。

 

f:id:npoacoa:20210215030701j:plain

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa