アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡) NPO法人アコアのブログ。心理カウンセリング・イメージワーク・インナーチャイルドワーク / 自助MTG / カタルシス瞑想会 / 心理コミュニケーション講座 / WS・イベント     AC、摂食障害、DV・虐待、グリーフケア

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-985-5599 (080-5171-3501)

12/2マニシア&オドルアコア  ”生きづらさを感じている女性のためのダンス体験ワークショップ”第3回開催しました。

ヨーコです。

12/2(金)3回目の

マニシア&オドルアコア 

”生きづらさを感じている女性のためのダンス体験ワークショップ” 

を開催しました。

初回に描いた大きな模造紙。

”一番幸せだった時のこと”、”辛かった時のこと”をイメージしてそれをポージングし、ペアを組んだ相手が紙にその形をかたどっていく。

今回は、この紙を見て感じたことを言葉にし、その言葉を紙に書いていく。

自分の紙に自分で。また他の参加者の紙を見て感じた言葉をアートのように書き加える。

この作業の後に、自分の紙(たくさんの言葉が加えられた)を見て今度は動きとして表現する。

全員の動き(表現)を繋ぎあわせ、音楽にのせてひとつのダンス表現となる。

このような内容でした。

 

自分の感じることを動きとして表現する体験。

私自身、日常では抑えていることの方が多いなと思います。

言葉がなかった頃の人間や、動物たちはこうしてコミュニケーションを取りあっていたのかもしれないですね。

受け取る側も五感を使ってより繊細に注意深く見たり感じたりする力が必要だなと思います。

相手に十分に向き合う時間とゆとり。

今の忙しい社会の中ではより意識的でいなければ難しいことだと感じます。

 

今回も自分以外の誰かの表現を実際に身体を使ってやってみることで、

私の感情が動くのを感じました。

その動きはその方のとても真摯で正直な大切な表現でした。

不思議な繋がりを感じられました。

これは、オドルアコアで3月に発表した作品の中でも本番に起こりました。

練習の時には振りを覚えることに集中していましたが、本番では感情が沸き上がり、

自然と涙があふれていました。

その時はよくわからなかったのですが、今回同じものを感じました。

 

改めてこの試み(言葉でなく身体で表現すること。それを受け取る力)の意義を感じました。

 

ワークショップはあと3回です。

最終回は、中央市民センターホールにて。

大きなホールの舞台に立ってその集大成を表現します。

無観客ですが、舞台での表現というスタジオや練習の場とは違った体験です。

 

興味のある方は是非ご参加ください。

連続参加でなくとも、途中から、単発での参加もOKです❣

 

《今後の日程》

12/23(金) 福岡レンタルスタジオCREA大名
1/13(金) ふくふくプラザ軽運動室
2/3(金) 福岡市立中央市民センター3Fホールにて無観客でのワークショップです。(最終回)

〈福岡レンタルスタジオCREA大名〉
福岡県福岡市中央区大名1丁目5−5 2階
https://goo.gl/maps/Zb1jLhj6zNfbpGZP8

〈ふくふくプラザ〉5F 軽運動室
  福岡県福岡市中央区荒戸3丁目3−39
 
〈福岡市立中央市民センター〉3F ホール
福岡市中央区赤坂2丁目5番8号

 

お申込み、お問合せは、

NPO法人アコアまで

npoacoa@gmail.com

080-5171-3501 担当:田中

 

 

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa