アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡) NPO法人アコアのブログ。心理カウンセリング・イメージワーク・インナーチャイルドワーク / 自助MTG / カタルシス瞑想会 / 心理コミュニケーション講座 / WS・イベント     AC、摂食障害、DV・虐待、グリーフケア

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-985-5599 (080-5171-3501)

アコア福岡【グリーフケアミーティング】3/16開催~喪失による深い悲しみを分かちあいます

【アコア グリーフミーティング】

喪失による深い悲しみを分かち合います

死別に限らず、価値観や希望やアイデンティティなど
目に見えないあらゆる喪失について、
自分の嘆きや悲しみが表現されることを許してみましょう

日時: 3/16土曜17:00~
会場: 早良区曙2-6-21 心のケアハウス アコア

*今月は参加費 無料です。
*ご予約ください。

08051713501
npoacoa@gmail.com

******************

~嘆きについて~
ずっと昔の出来事を想って今さら嘆くのは
愚かに思えるかもしれませんが、
悲しみは表現されるのを待っています。

嘆きを抑えていると、それは心に巣食い、
あなたの生命力を抑えつけ、病気にさせ、
愛情の許容量を狭めます。

嘆きには独自のリズムがあります。
「よし、これから嘆こう」というわけにはいきません。
嘆きたくなったらば、そのための空間を作らねばなりません。

嘆きの感情に場所を与えるのです。

そのための時間、安全な場、
そして悲しんでもいいと自分に許可を与えて初めて
心から嘆き悲しむことができるのです。


~喪の儀式~
悲しみの感情を沈滞させないために、
親しい人が死んだときのように
喪の時間を真剣に持ちましょう。

儀式の類に魅力を感じない人もいるでしょう。
ただ泣いていたいという人もいます。

どんな嘆き方をするにしても、
これまで懸命にふさいできた感情の解放を
自分に許しましょう。
喪失を嘆くことは、大きな開放感をもたらすのです。

(『生きる勇気と癒す力』エレン・バス+ローラ・デイビス著 三一書房 より)

******************


東日本大震災から明日で8年
震災で亡くなられた方々の
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
遺された深い悲しみが癒えていきますように。

~VOICES:東日本大震災8年 「あの日」に向き合い続ける元教諭~
東日本大震災で児童・教職員84人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校で、あの日の記憶を語り続けている男性がいます。同小に通っていた次女・みずほさんを津波で亡くした佐藤敏郎さん(55)。bit.ly/2Tuun6w


~いま 私にできること~
https://fukko.yahoo.co.jp


14:46 黙祷 #東日本大震災から8年

イメージ 1


NPO法人アコア】 
アコアは、「トラウマ」や「生きづらさ」を抱えた女性のための当事者による当事者支援団体です。
自助グループミーティング(AC・摂食障害・DV被害・性暴力と性虐待・グリーフ)
◆ひとり親グループ「ビオラ
◆心の相談室(心理カウンセリング、催眠療法
◆心の回復クラス(心理療法アサーション、DVケア、傾聴レッスン等)
◆アクティブ瞑想会(感情発散)
その他イベント・WS
・虐待サバイバーの「たそがれ-ごはん会」、「らぶらぶ催眠WS」等開催しています。

所在地:福岡市早良区曙2-6-21 心のケアハウスアコア
電話:080-5171-3501 092-985-5599
Mail:npoacoa@gmail.com


***********************************
アコアは特定の政治団体や宗教団体に縛られておりません。
メンバー同士の特定団体への勧誘行為、ネットワークビジネス等は禁止です。
どのような活動も強制されることはありません。

***********************************

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa