アコアのブログ

暴力あるいは暴力の影響を受けた女性たちの回復支援/当事者団体(福岡) NPO法人アコアのブログ。心理カウンセリング・イメージワーク・インナーチャイルドワーク / 自助MTG / カタルシス瞑想会 / 心理コミュニケーション講座 / WS・イベント     AC、摂食障害、DV・虐待、グリーフケア

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa

Mail:npoacoa@gmail.com TEL:092-985-5599 (080-5171-3501)

今日一日のアファメーション5月19日

「心の傷を癒すカウンセリング366日」(今日一日のアファメーション)西尾和美より

 

519

 

罪の意識について

 

自分は生きるのに、あたいする人間です。

自分は、自分のままでいいのです。

自分は愛するに、あたいする人間です。

自分は、自分の居所をつくっていいのです。

自分を、うんと好きになります。

 

 

日本では、「あんなにしてやったのに何もしてくれない」とか「親の面倒をみるべきだ」とか「年寄のいうことは聞くべきだ」とか責めたり、押しつけたりして、無意識のうちに、人に罪悪感をうえつけてしまっていることが多いものです。

 

とくに、共依存症の人やACの人は、罪の意識に悩まされがちです。

 

たとえばアルコールなどの依存症の人に、「お前のせいだ」と非難され続けると、相手がお酒を飲むのは、自分が悪かったからだと思い込んでしまったりします。

自分が何とかすれば、相手にお酒を飲むのをやめさせることができるのではないかと、あれこれと管理しようとしますが、うまくいかず、ますます罪の意識は深まります。

不健全な家庭で育った人たちは、自分が悪い子だったから両親の仲が悪く、いつも喧嘩をしていたのだと思い込んだりしながら育っています。

このような人は、大人になっても、相手から「これをやるべきだ」「あなたのせいだ」というようなことを言われると、それをそのまま信じこんでしまいがちです。

 

罪の意識が、自分の中にどれくらい大きな部分を占めているかを、見てみましょう。

 

f:id:npoacoa:20210517175349j:plain

https://npoacoa.wixsite.com/npoacoa